banner
君津市にある養蜂場の

「はちみつ工房」をご存知でしたか?

banner

「はちみつ工房」では添加物等を入れていない、100%の蜂蜜の「純粋蜂蜜」を 提供しており、ミツバチがどのように蜜を運んで来るかスタッフの「はちみつ王 子」がわかりやすく解説してくれます。

はちみつを食べたことがあっても、はちみつがどうやってできるか、ミツバチの 生態などについては知らない人の方が多いのではないでしょうか。 「はちみつ工房」を知ってもらうと同時に蜂蜜についてもより詳しく知る機会に なって頂けたらと思います。

はちみつを一度も口にしたことがない人というのは、まずいないと思います。

パンやホットケーキにかけたり、紅茶に入れたり、料理の隠し味にしたりと、とにかくはちみつは、食生活のいろいろな場面で活 躍しています。
でも、あの甘いはちみつがどうやってできるのか、ご存知でしょうか。
簡単に言えば、はちみつは、ミツバチが花から吸ってきた蜜を集めたものです。そこで「はちみつ工房」では、集めた蜜を一切加 工せずに、そのまま瓶詰めして、皆様に「純粋蜂蜜」として提供しています。はちみつは、栄養価がとても高く、昔は薬として用い られていました。純粋なはちみつは、水分が少ないので、なかなか変質しません。また、はちみつには殺菌力があり夏場でも日 持ちします。

decor

はちみつ工房で蜂蜜ができるまで

お花の蜜がはちみつになるには、ミツバチの力が絶対に必要なのです。

はちみつができるまでの流れは、ミツバチのお腹には、お花から吸った大量の 蜜が溜まっており、パンパンになったお腹を 軽く押すと口からお花の蜜が出てきます。
その蜜を舐めてみると、少し甘みがありますがまだはちみつとは言えません。なぜならまだ水分が多すぎるからです。
ミツバチは、蜜を持って、巣に戻り唾液と一緒に蜜を巣の中に出し、どんどん溜めていきます。
一匹の蜂が集めてくる蜜はそう多くはありませんが、それを何回も繰り返すと相当な量になります。
巣の中に溜まったまだ水分量の多い蜜は、巣の中で、どんどん蒸発していき水分が蒸発すると、密は濃縮されて、やが て十分な甘みをもつようになります。それが、はちみつです。

はちみつ工房の楽しさ!

はちみつ工房では、遠方から観光で来られる方々にはちみつの素晴ら しさを伝える説明会をしています。

はちみつ作りは、人間とミツバチの共同作業です。はちみつを集める ためには、もちろん自然に恵まれた場所でないと新鮮な蜜が取れませ ん。そしてミツバチの自然の習性を利用しますが、人間の知恵や工夫 もまた必要です。はちみつ工房の説明会を切っ掛けにはちみつを食べ る際には、はちみつが作られるまでの流れやミツバチの習性を思い出 しながら、楽しく召し上がって頂けると嬉しいです。

about-us-img2
about-us-knowledge-header.jpg

米を磨いだあとにスプーン一杯の蜂蜜を入れると、
ご飯がとてもおいしく炊き上がりますよ〜。

是非いろんな方々に体験して頂いて、ミツバチのかわいさや蜜の貴重性を知って頂ければ幸いです。
それでは!現地で、皆様のことをはちみつ王子がお待ちしております!
about-us-knowledge-footer.jpg
基本情報
about-us-img4
住 所
千葉県君津市皿引187
電 話
0439-71-8338
交通アクセス
館山自動車道 君津ICより10分位
団体のご来場者様のご予約について
about-us-img8 about-us-img5 about-us-img6

団体、個人に問わずご予約などのお問い合わせに関するご返信には、お時間を頂くことがございます。3日前までにご連絡を頂けると幸いです。

個人のご来場者様のご予約について
about-us-img7